子どもが作る町「ミニたまゆり」

 「ミニたまゆり」は ドイツのミニ・ミュンヘン子どものまちを参考に、川崎市麻生区にある田園調布学園大学が地域の子どもたちのために開催するイベントです。ミニたまゆりに参加した子どもたちは、自分たちの力で町を運営します。町には、市役所・銀行などの公共施設、様々な製品を製作する工場や食事を提供するお店、ボーリング・射的などのゲームを楽しむための娯楽施設など様々なお店(仕事)が用意されており、子どもたちは自分の好きなお店で仕事に従事します。仕事を体験した子どもたちにはお給料が支払われ、税金を徴収し残ったお金で、買い物・食事・ゲームに参加するといったサービスを受けることが出来ます。子どもたちは、このような町作り体験を通して労働の喜び、お金の大切さなど、社会のしくみを楽しみながら学びます。
「たまゆり」の名称は、本学が位置する多摩地域や学生がよく利用するたまプラーザ駅と新百合ケ丘駅の名前から名付けられました。
 

主役は子供たちです

 町の住民になれるのは、5歳の幼児から15歳までの子供だけです。大学生や大人達は、子供たちの仕事の様子を見守るのが役目であり、必要以上の手助けはしません。町のルールを決めたり新しいお仕事が必要になった時などなど、子供独自の自由な発想で町を自主的に運営していきます。
 大学のサポートスタッフは、地域の住民と協力して計画・準備・資金調達・子供会議の開催・広告宣伝活動・開催後の成果分析・報告等などを担当しています。

多摩探検隊「ミニたまゆりに行ってみよう!」

 

ミニたまゆりのルール

ミニたまゆり通貨「ユリー」

ミニたまゆりの町の中で買い物をするには、「ユリー」という単位の地域通貨を利用1時間お仕事をすると、銀行で8ユリーの給料が支払われます。銀行の隣にある税務署で税金として4ユリーを納めた後、残った4ユリーを買い物や遊びに使います。今年のユリーのデザインは、子ども会議の参加者から募集したイラストを元に作成しています。子ども達の応募作品から、次の3つの作品が選ばれ、これらの作品を元に大学生の実行委員がユリーのデザインを作成しました。

ミニたまゆりの税率について

 ミニたまゆりの税率は、なんと50%! 参加者のアンケートを見ると、多くの方々から税金が高すぎるとの意見をいただいています。しかし、第1回目から1時間働いて手元に残るお金が4ユリーという金額は一切変わっていません。第1回のミニたまゆりでは、1時間6ユリーと公表していましたが、実際に銀行で支払われる金額は2ユリーの税金を差し引いた4ユリーでした。第2回目では税金を納めるリアルな体験をさせたいという事で、1時間6ユリーを支払い、税務署で33%の税金(2ユリー)を納めるようにしましたが、小学校低学年には33%の税金を計算するのが難しく、税務署でのトラブルが発生しました。これらのトラブルを解消するために、1時間8ユリーの給与を支払い、その半分を税務署に収めるという今の方法が定着したのです。

ミニたまゆりの沿革

第1回 2005年11月

学園祭と同時開催。酒井ゼミの学生と数人の教員で運営。2日間で500人の参加。

 

第2回 2006年8月

4日間で2000人の来場者。消防署・警察署・地域通貨たま・市民プールなどの協力を得る。

 

第3回 2008年3月

3日間で3000人の来場者。川崎市阿部市長が視察に訪れる。以後毎年ミニたまゆりに参加している

 

第4回 2009年2月

2日間で2000人の来場者。地域福祉学科1年の必修行事となる。川崎FMによるラジオPRを開始

 

第5回 2010年2月

地域交流センターが設立。同センターの担当行事となる。前日に大子ども会議を開催。人間福祉学部1年の必修授業となる

 

第6回 2011年2月

市議会が開催され市民の声から町の公約が決まる。模擬裁判が開催される。テレビ神奈川で特集が放映される。 

 

 

第7回 2012年2月 

神奈川県黒岩知事が視察に訪れる。アナウンサー・声優体験の仕事。起震車・消防車・パトカー・非常食体験など、区の協力店舗。JAセレサ川崎からの食材の寄付。ケーブルTVJ:COMで特集番組が放送される。
 
 
 

第8回 2013年2月

ANA航空教室・遊びの森協賛企画。エコ・バザーの開催。ミニヨコハマ店舗キッドの展示。Twitterの活用。
 
 
 
 

第9回 2014年2月

病院の仕事体験(新百合ヶ丘総合病院)ビューティーサロン、自衛隊、事前予約制の導入、職業案内所の電子化、中央大学松尾ゼミによる特集番組の作成。
大雪のため初日の13時で中止。
 
 
 
 

第10回 2015年2月

よみうりランド、こどもの国、社会福祉法人緑成会、目安箱の設置、投稿内容を市議会にて議論、着ぐるみ7体の参加、ベトナムにて第1回ミニフエの開催。
 
 
 

第11回 2016年2月

子どもレストラン、食品サンプル、J:COM(テレビ局)、福祉センター、ミニたまツアー、フラワーバスケット、カップス(音楽演奏)を新たに開催。
神奈川県大学発政策提案制度に採択。
 
 


第12回 2017年2月

オープニングセレモニー、ロボホンによるルール説明、インターネットを利用した職安システム、警察犬パフォーマンス、動物愛護センターの仕事を新たに開始。川崎市議会と協力し、川崎市長に請願書を提出。新百合ヶ丘駅エルミロードでプレミニたまゆり開催。
かながわ子ども合衆国キックオフ会議を開催。
 
 

 

子ども会議受付開始!!

 
今年度のミニたまゆり子ども会議の日程は、平成30年10月27日(土)、11月24日(土)、12月15日(土)、平成31年1月26日(土)です。参加希望者はホームページより事前予約を行ってください。こちらをクリック!